【エバー航空】ハローキティジェットに乗って、台湾経由で世界へ(スターアライアンス)

byeangel

ハローキティジェットで有名なエバー航空は、日本国内の9都市10空港に就航しています。日本の地方都市から台湾を経由して世界中に飛べます。

日本発着便は全日空(NH)との共同運航便ですので、全日空便を予約したつもりがエバー航空便に搭乗していた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

エバー航空(BR)のマイレージプログラム”Infinity MileageLands”は、台湾経由の旅をする方におすすめ

スターアライアンスに加盟しているエバー航空(BR)のマイレージプログラムは「Infinity MileageLands(無限萬哩遊)」といいます。
エバー航空本拠地の台湾や、台湾経由で世界各地に出かける方に便利なマイレージプログラムです。

エバー航空のマイレージ”Infinity MileageLands”を貯める・使う

Infinity MileageLandsを貯める

Infinity MileageLandsは、

  • エバー航空および子会社のユニー航空(B7)・ANAを含むスターアライアンス系航空会社でのフライト
  • 提携ホテルや提携レンタカーの利用
  • 成田(NRT)・羽田(HND)・関空(KIX)のANA DUTY FREE SHOPでのショッピング

等でマイルを貯めることができます。

Infinity MileageLandsを使う

獲得したマイルは

  • 特典航空券との交換
  • 座席のアップグレード
  • 提携ホテル宿泊券との交換

等に利用できます。

Infinity MileageLandsの有効期限は3年

Infinity MileageLandsのマイル有効期限は36か月間です。

エバー航空のマイル加算はフライト距離∔α

マイル加算は、フライト距離によるマイル加算になりますが、フライト距離と併せて座席クラスや航空券の予約クラス、会員レベル、利用航空会社等によって実際に加算されるマイル数が異なります。

距離によるマイル加算ベースなので、台湾経由、北アメリカやヨーロッパ行ならマイルを多く獲得できる

日本から台湾までのフライト距離ですとそれほどマイル数を稼げません。台湾を経由して北アメリカやヨーロッパ方面等へ飛べば、一度に多くのマイルを獲得できます。

ツアーによってはマイルが加算されない場合があります

エバー航空に限らず、格安ツアーによっては航空券の予約クラスが低く、マイル加算ができない場合があります。

Infinity MileageLandsマイル加算対象外

  • エバー航空も団体航空券の予約クラスG
  • 販促用の予約クラスVの航空券
  • 2歳未満の幼児運賃航空券

がマイル加算対象外です。

フライトマイルの事後加算は入会前のフライト分も可能

フライトマイルの事後加算は、Infinity MileageLandsの入会前のフライトでも可能です。Infinity MileageLands入会前のフライトの場合、入会申し込みから6か月前までのフライトが加算対象です。入会後のフライトの場合、フライトから6か月間が事後加算の対象です。

Infinity MileageLandsの特典航空券を利用する場合、税金や燃油サーチャージ等が別途必要です。支払いは現金でもクレジットカードでも可能です。

エバー航空・ユニー航空の必要マイル数

エバー航空およびユニー航空の必要マイル数は

  • アジア内特典往復航空券エコノミークラスの必要マイル数は35,000マイル
  • アジアーアメリカ間で110,000マイル
  • アジアーヨーロッパ間で100,000マイル

と比較的高めです。また、燃油サーチャージも必要ですので、日本―台湾間のみでの利用が多い方にはあまりお得なマイレージプログラムではありません。

エバー航空の特典航空券、片道は往復の半分のマイルで利用可能

エバー航空の特典航空券は片道だけの利用も可能です。その場合、往復の半分のマイル数で利用できます。

片道利用の場合も日本―台湾間は17,500マイルと高めです。全日空の場合、期間によって17,000マイルから23,000マイルで往復特典航空券を利用できます。

しかし、エバー航空の場合、ANAではマイル積算対象外の予約クラスでもマイルが貯まる場合もありますので、一概にエバー航空の特典航空券に必要なマイル数が高すぎるとも言えません。

エバー航空特典航空券の予約公式サイトまたは予約センターで

特典航空券は公式サイトとエバー航空予約センターで予約できます。オンライン予約できるのは、エバー航空もしくはユニー航空国際線の単純往復のみです。予約した特典航空券は、予約後に本人もしくは委託人が空港以外のエバー航空発券カウンターで営業時間内の発券手続きが必要です。特典航空券の発券にはシステム上5営業日が必要です。

特典航空券の変更とキャンセルの払戻は50米ドルで可能

特典航空券の変更は、出発前の旅程と搭乗クラスの変更およびキャンセルの払い戻しにかかる料金は50米ドルです。一部旅程を使用済みの航空券は、変更はできませんが、未使用区間に限り50米ドルで払い戻しできます。未使用区間の払い戻しをされた場合は、未使用区間分の税金や付加運賃、区間相当数マイルも戻ります。

マイルの購入・譲渡ができる

他者からのマイル譲渡ができる

他者からのマイル譲渡が可能です。譲渡マイルの返却も可能です。

特典航空券交換に必要マイル数の50%まで購入できる

特典航空券との交換に足りないマイルを購入できます。購入マイルは、エバー航空およびユニー航空の特典航空券もしくはアップグレードでのみ利用できます。マイルは1,000マイルから40米ドル単位で購入できます。

Infinity MileageLands 会員種別

エバー航空には、グリーン(一般)・シルバー・ゴールド・ダイヤモンドの会員種別があります。シルバー以上の上級会員にはそれぞれ異なる特典があります。上級会員の会員有効期限は2年間です。

Infinity MileageLands会員が利用できるラウンジ

  • The garden:ダイヤモンド会員
  • The STAR:ゴールド会員
  • The INFINITY:ダイヤモンド会員
  • The Club:シルバー会員

スターアライアンスとエバー空港のラウンジ

エバー航空は2013年にスターアライアンスに加盟しているので、

  • スターアライアンスゴールド会員の方は”The STAR”が利用できます。
  • スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラスまたはビジネスクラス利用の方は”The INFINITY”が利用できます。

ハローキティジェットが2013年に復活

人気のハローキティジェットが2013年に復活しました。路線によってはマイメロディやリトルツインスターズなどハローキティ以外のサンリオキャラクターもあります。

ハローキティジェットは、機内食や機内カトラリーから客室乗務員のユニフォームまでハローキティ仕様です。時期によってはエバー航空オリジナルハローキティグッズの販売があります。

エバー航空公式サイトではエバー航空とコラボレーションをしているハローキティの壁紙を配布しています。

エバー航空のInfinity MileageLandsは、スターアライアンス加盟の航空会社のマイレージプログラムの中で、日本の地方都市から台湾を経由して世界へ旅行や出張に出かける機会が多い方、ハローキティジェットに興味がある方におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加