ユナイテッド航空マイレージを、ビジネスクラス特典航空券に交換

シアトル

学生時代から、よく海外旅行をしていたので、クレジットカードは航空会社のマイレージが貯まるタイプがよいと思い検討しました。

カードを作りユナイテッド航空のマイレージを貯める

いつも主にアメリカ系の航空会社を利用していて、特にユナイテッド航空(UA)のマイレージが一番貯まっていたので、「Mileage Plusセゾンゴールドカード」を作りました。国際ブランドは海外で利用できる店が多いVISAカードにしました。

ショッピングや携帯電話料金の支払いなどもMileage Plusセゾンゴールドカードで行いました。入会時のボーナスマイレージ付与や100円=1.5マイルと換算率も良いので、それまで保持していたマイレージと合わせて約一年で特典航空券に必要なマイル数に達しました。

マイルが貯まったのでWEBでシアトル旅行の特典航空券を予約

特典航空券の予約はwebから行いました。2014年10月に旅行をしたいとプランを立て、約三か月前から検索し始めました。繁忙期でなかったからか希望の日程で予約が取れました。

ビジネスクラスの特典航空券に必要なマイル数がありましたので、ビジネスクラスで発券しました。座席の選択もweb上にシートマップが表示され、好みの席を選択することが出来ます。自分が希望していた通路側の席を予約することが出来ました。

シアトルのスターバックス一号店

成田(NRT)からシアトル(SEA)の直行便利用で、往復ともに一番少ないマイル数で済み、130,000マイルでした。燃油サーチャージはかからず、発券手数料や空港使用料などの諸税が約6,000円でした。

機内食は美味しい日本食、明るくフレンドリーな雰囲気を楽しむ

本来であれば、ビジネスクラス旅客用のラウンジを使用できるのですが、道路の渋滞で空港到着が出発間際になってしまい、ラウンジを使用する時間は残念ながらありませんでした。

フライトアテンドは英語のみ話すアメリカ人がほとんどでしたが、明るい雰囲気とフレンドリーさがあり、食事のサービス中には「何か必要な物はありませんか。」と頻繁に声を掛けてくれました。機内には日本人のフライトアテンダントが数名おり、日本語で何かお願いすることも出来ます。

往復ともに和食のお食事を頂きましたが、特に日本からのフライトは日本で材料を調達しているのでしょう、素材もお味もとてもよかったです。シアトルからはアメリカで仕入れた食材のようで、日本からのフライトよりは劣りましたが、シアトル滞在中はずっとアメリカンな食事だったので、久しぶりに和食が頂けて感謝でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加