ロサンゼルス国際空港のUnited Clubはアルコールが有料のラウンジ

ロサンゼルス国際空港

2012年4月、ユナイテッド航空(UA)を使いロサンゼルス国際空港(LAX)乗換えで、ヒューストンへ行くチケットをオンラインで購入しました。

購入後に気付いたのが、ロサンゼルスでの乗り換え時間が、必要乗り継ぎ最低時間の1時間半しかなく、知人からは「時間内に乗換できる可能性は限りなく低い」と言われてしまいました。それもそのはず、乗り換えとはいえアメリカ入国の最初の都市、ロサンゼルスで入国審査を受けなければいけません。きっと頑張れば乗継に間に合うという甘い考えも虚しく、結局、予定のヒューストン行の便には間に合いませんでした。

ロサンゼルス国際空港到着後、アメリカ入国審査は長蛇の列!入国審査だけで1時間半以上もかかりました。今まで40か国を旅してきた中で一番時間がかかった入国審査でした。

ロサンゼルスからヒューストンへ乗り継ぎに間に合わず、ターミナル7の”United Club”へ

心身共に疲れ切っていた私は、本来は利用するはずではなかった空港ラウンジで搭乗時間まで休むことにしました。

ロサンゼルス空港ターミナル7で、プライオリティパスが使えるラウンジは”United Club”です。ターミナル7はユナイテッド航空専用ターミナルなので、沢山のユナイテッド航空機を見ることが出来ました。

ロサンゼルス国際空港(LAX) United Club

ユナイテッドクラブは搭乗口71Aの向かいに位置しています。営業時間は4:30 a.m.から22:30p.mまでです。

ラウンジでWi-fiに接続し、友人に連絡。プライオリティパスを持っていて良かった!

受付でプライオリティパスと搭乗券を提示し、受付を済ませ、一番にしなければならなかったこと、それはWifiに接続して、ヒューストン空港でピックアップをお願いしていた知人に電話連絡です。こんな非常時にラウンジの有難さをしみじみと感じます。もしもラウンジに入れず、インターネットが使えなければ、慣れない公衆電話を使わなくてはいけません。コインの持ち合わせもありません。プライオリティパスを持っていて本当に良かったと思う瞬間です。

ロサンゼルス国際空港 ユナイテッドクラブ

無事に連絡を済ませた後、やっとゆっくりラウンジを楽しむ時間が持てました。ラウンジ内は狭くは無いけれど混雑していました。窓からは飛行機が見えますが、窓際席の見晴らしの良い席は全て埋まっていたので、中央席に座りました。

このラウンジでは食事とドリンクは期待してはいけません。食べ物はパン、シリアル、サラダ、フルーツ、クッキーといったものしかなく、お腹を満たすことはできません。

ドリンクに関しても、アルコールは全て有料です。ビールを飲みながらリラックスしたいという願いも虚しく、コーヒーとオレンジジュースで我慢です。カプチーノも飲めました。ビールは当時の価格で、アメリカ産ビールが$5、外国ビールが$6、グラスワインが$6でした。

2015年の5月から世界中の全ての「United Club」ラウンジで、プライオリティパスが利用できなくなったので、もうこのラウンジは利用することはないと思いますが、航空会社ラウンジにしては残念なラウンジといった印象でした。2016年4月現在では、プライオリティパスで使えるラウンジはターミナル2、3、6、Tom Bradleyターミナルに4か所あるので、いつか機会があれば利用したいと思っています。

ロサンゼルス空港で乗り継ぐ時はくれぐれも時間に十分余裕を見て、快適な旅をお過ごし下さい!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加