シャワーとWifiが嬉しいジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港の”United Club”

ヒューストン空港の

ヒューストン空港ことジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(IAH)は、ユナイテッド航空(UA)のハブ空港でもある為、沢山のユナイテッド航空機を見ることができます。5つのターミナルがあり、大変大きな空港です。

2012年5月、ユナイテッド航空国内線でヒューストンからサンフランシスコへ移動した時に、この空港を利用しました。世界のラウンジ訪問を趣味としている私は、早速プライオリティパスで入ることができる、「United Club」に行ってみることにしました。

ヒューストン空港の”United Club”について

United Clubの場所と営業時間

ヒューストン空港には、ターミナルA、B、C、Eに計5か所のユナイテッドクラブがあります。私が搭乗した便は、ターミナルC出発だったので、ゲートC33付近のラウンジを利用しました。

ターミナルCには2か所ものユナイテッドクラブがあります。営業時間は5:30 a.m.~21:00 p.mです。私が利用したのは18時以降だったので、全く混んでいなくて、ゆっくりと過ごすことができました。

IAH3

利用はしなかったのですが、このラウンジにはシャワーがあり、タオルも用意されています。ラウンジ内ではWifiを使えます。

アルコールは有料、食べ物はスナックのみ

アメリカ国内では、ロサンゼルス、サンフランシスコ、そしてヒューストンのユナイテッドクラブラウンジへ行ったことがあるのですが、共通してアルコールが有料です。食べ物も全く充実していません。

IAH2

無料で飲めるドリンクは、ホットコーヒー・ティーバックの紅茶・水でした。オレンジジュースのサービスさえもありませんでした。

食べ物はクッキー、クラッカー、フルーツ、ベビーキャロット、おつまみ類です。時間帯によるのかもしれないですが、寂しすぎる内容です。ユナイテッド航空やスターアライアンス上級会員が利用するラウンジだとは思えません。

プライオリティパスでユナイテッドクラブは利用できなくなりましたが、”AIR FRANCE LOUNGE”と”KLM CROWN LOUNGE”が利用できるようになりました。

2015年5月より、全世界のユナイテッドクラブラウンジで、プライオリティパスの利用ができなくなりました。その一方、上記の3都市に加え、シカゴ、ワシントン、ニューヨーク、デンバーのユナイテッドクラブの軽食メニューの内容が改善されたそうです。

ヒューストン空港ではユナイテッドクラブは利用できなくなりましたが、プライオリティパスで利用できるラウンジが2016年4月時点で国際線ターミナルDに2か所あります。「AIR FRANCE LOUNGE」と「KLM CROWN LOUNGE」です。これらのラウンジは設備も大変良く、アルコールももちろん無料なので、むしろプライオリティパス保有者にとっては喜ばしいことですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加