海外キャッシングなら「セディナ・マスターカード」はレートが良く手数料なしで繰上返済できる

「セディナ・マスターカード」は、海外キャッシングにおいて最高のパフォーマンスを発揮します!手数料無料で繰り上げ返済が可能な、セディナ・マスターカードの秘密に迫ります。

Pulling out money from ATM
Pulling out money from ATM / ota_photos

海外でキャッシングをすれば、日本や現地銀行を利用するよりも、両替レートがお得です。

しかし、海外キャッシングではレート確定日から引き落とし日までの利息がかかります。海外でキャッシングする目的はお金に困っているからではなく、現地通貨が必要だからです。余分な金利を支払うことは大変もったいないですね。

そこで繰り上げ返済すれば、金利などの余分なお金を支払わずにすみます。しかし、繰り上げ返済をするには、日本のクレジットカード会社に電話をし、支払金額を確認してから振込をしなくてはなりません。時間も国際電話料金も振込手数料もかかります。

そこでセディナのマスターカードです。セディナのマスターカードなら、電話する手間なし、電話料金なし、振込手数料なしで繰り上げ返済ができるんです。

セディナのマスターカードとは?

セディナカードとは、株式会社セディナが発行するクレジットカードです。申し込み時に選べる国際ブランドは、VISA・MasterCard・JCBです。MasterCard(マスターカード)を選ぶと「セディナのマスターカード」となります。

セディナのマスターカードは、海外キャッシングにおいては最強とも言えるスペックを誇っています。

セディナのマスターカードが最強の理由

手数料も電話料金なしで繰上返済、年会費は無料!

キャッシング後に繰り上げ返済をしなければ、最大で2ヶ月分の利息を払うことになります。

セディナカードならば、海外キャッシングの返済において、手数料や電話料金をかけずに繰り上げ返済ができます。これは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを金融機関の窓口やコンビニのレジに並ばずにできるサービス「Pay-easy(ペイジー)」に対応しているからです。

Pay-easyを利用すれば、全国118の銀行から手数料無料で振り込みができます(※)。セディナ カードならば、利息確定後すぐにPay-easyで繰り上げ返済ができ、キャッシングの利息を最小限に抑えられます。Pay-easyが使えることで、海外にいながらにしてネット上で返済が完結します。キャッシングから約3日後に返済が可能になりますが、最短の日数で返済することで小額の金利手数料で済みます。
(※2016/12/22 現在)

海外キャッシングにおいて、これほどのメリットを持っているにも関わらず、セディナ・マスターカードは年会費無料です。

実際にセディナのマスターカードを使って早期一括返済した実例を紹介します。

利用日 利用場所 利用金額(現地通貨) レート 利用金額(円) 利息 返済日 返済金額
2018/3/5 フィリピン マニラ 10,000PHP(ペソ) 1PHP=JPY 20,420円 30円 2018/3/7 20,450円
2018/7/11 マレーシア クアラルンプール 500RM(リンギット) 1MYR=JPY 29.03690 14,518円 57円 2018/7/19 14,575円

年利18%でも1週間で返済すれば、わずか57円の利息!20,000円借りて1日当たりの利息は約10円です。

セディナのマスターカード Q&A

なぜ「セディナ」のマスターカードなのか?

1.セディナカードならウェブで繰り上げ返済がができる

年会費無料の他のカードでも繰り上げ返済ができますが、通常は繰り上げ返済をするにはカスタマーサービスのオペレーターへ電話をする必要があり、時間も電話料金もかかります。海外滞在中の返済は国際電話料金もかかります。

しかし、セディナカードならばPay-easy(ペイジー)が使えるので、オンラインで返済ができ、振込手数料も国際電話料金もかかりません。

事前にセディナWebサービス「OMC Plus」へ登録しておけばOKです。

Pay-easyに対応している金融機関は以下の通りです。

愛知県中央信用組合、青森銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、愛媛銀行、大垣共立銀行、鹿児島銀行、京都銀行、紀陽銀行、きらぼし銀行(旧東京都民銀行)、きらぼし銀行(旧八千代銀行)、熊本銀行、京葉銀行、佐賀共栄銀行、佐賀銀行、山陰合同銀行、静岡銀行、清水銀行、信用組合、十六銀行、スルガ銀行、但馬銀行、第三銀行、千葉興業銀行、中国銀行、東北銀行、東和銀行、トマト銀行、八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、福井銀行、北洋銀行、北陸銀行、北國銀行、三重銀行、みずほ銀行、みちのく銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、南日本銀行、宮崎太陽銀行、山口銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、労働金庫

2.マスターカードはキャッシングのレートが良い日が一番多い

セディナの国際ブランドに「マスターカード」を選ぶ理由は、「マスターカードは、キャッシングのレートが良い日が一番多い」と言われているからです。もちろんこれは平均レートの話で、日によっては一番レートがいいわけではありませんが、お得に利用できる可能性が高いのです。

3.マスターカードはVISAについで2番目に使えるATMの数が多い

マスターカードはVISAについで2番目に使えるATMの数が多く、海外でATMが見つからなくてキャッシングできない、というトラブルも少ないと考えられます。

レートを毎回確認してどのブランドをつかうか決めるほうが良いのでは?

確かにその通りです。しかし、レートはキャッシング当日にはわからないので,確認するのは困難です。

キャッシングに適用されるレートはキャッシング当日ではなく、数日後のレート確定日のレートです。したがって「レートが良い日が一番多い」と言われているマスターカードを使うことが、最も賢い選択です。

締日の直前にキャッシングすれば、繰り上げ返済はいらないのでは?

レートが何日で決定するのかは、実は決まっていません。したがって、決定日が締日をまたいでしまうと、手数料がかからないどころか次の締日までの約1か月分の利息を払うことになります。

株式会社セディナ発行の「OMCカード」もPay-easyで繰り上げ返済できるの?

はい。OMCカードにもPay-easyを使って繰り上げ返済が可能です。

こちらも繰り上げ返済OK!「OMCカード」とは?

OMCカードとは、ダイエーグループ優待のメンバーズカード

OMC(=オレンジメンバーズクラブ)のカードで、ダイエーグループ優待が受けられるメンバーズカードとして作られました。

セディナカードとOMCカードの見分け方

カードの右上に「OMC」のマークが付いているのがOMCカードです。

OMCカードだけの特典は?

カードショッピング5万円以上でポイントが2倍になります。。

年間60万未満の利用ならセディナカード、60万以上ならOMCカード

OMCカードは、年会費無料の「セディナのマスターカード」と異なり、年会費が1,000円かかります。しかし、年間60万円以上の利用で翌年の年会費が無料になります。

したがって、年間60万以上利用される方は「OMCカード」を、60万未満の利用ならば、年会費無料の「セディナカード」を選ぶのがおすすめです。

海外キャッシングのおすすめは「セディナのマスターカード + α」!

海外キャッシングにおいて、1番おすすめできるのは「セディナのマスターカード」です。ただし、海外はトラブルが起きると日本よりも面倒な環境ですから、万全を期すに超したことはありません。

セディナカード お得な理由をどこよりも詳しく解説!お申込みの前に必見!

そこでセディナのマスターカードに加えて、別の国際ブランドのカードも持っていくと安心です。

もう1枚のカードはJCBよりもVISA

マスターカードが使えなかった時のために、JCBよりもVISAを持って行くべきです。

JCBは日本の国際ブランドで、日本やアジア諸国での加盟店は豊富です。しかし、それ以外の国では、確実にVISAに軍配が上がります。VISAの会員数はJCB会員の25倍以上、国際決済業務で世界1位の国際ブランドです。海外で使用可能なATM数も大変多いブランドです。

注意!「セディナカード Jiyu!da!」は、海外旅行傷害保険なし

これまでご紹介してきたのは「セディナのスタンダードカード」ですが、「セディナカード Jiyu!da!」には、海外旅行傷害保険がついていません。「セディナカード Jiyu!da!」を利用される方は、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを用意してください。

「セディナカード Jiyu!da! 」∔「エポスカード」がおすすめ

例として、「セディナカード Jiyu!da!」と「エポスカード」の組み合わせは相性がいいです。エポスカードは、繰り上げ返済ができ、なおかつVISAブランドです。入会金・年会費無料が無料、なのに海外旅行傷害保険が自動付帯の素晴らしいカードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加