JAL修行始めました(備忘録的な)


昨年、ANAのダイヤモンドを達成したので、今年はJALのJGCを目指して動いています。

搭乗パターンはANAのときと同様、FOP2倍の国内線とFOP1.5倍のアジア・オセアニア路線の組み合わせが多くなります。

長距離線はマイルでビジネスやファーストに乗るのが、満足度(お得度)が高いことがわかっているからです。

FOP単価は突き詰めれば5円を切ると思いますが、HND-OKAは一定数入れつつも、バランスよく組みたいものです。

以下、備忘録です。

・エコノミーからクラスJやファーストクラスシートへのアップグレード方法

当日空港に行き、チェックインカウンターで「クラスJの空席待ちを入れてください」とお願いします。

搭乗開始時刻の20分前に搭乗口近くのカウンターに、搭乗券と空席待ち券を提示します。

空きが出れば、席がアサインされます。

種別S、A、Bの順で案内されるので、ヒラ会員Bはほぼ絶望的、サファイアやJGCはSがいなければ回ってくる可能性があるものの、数少ないクラスJの空席待ちは、たいてい種別Sに持っていかれます。

・空港タッチの折り返し修行の場合、同じ機材を選べば遅延の心配なし。

たとえば、乗り継ぎ時間が40分しかないのに、遅延が30分出たら乗れないですよね。

乗り継ぎ便に乗れなかったらどうしようと不安になることがあります。

そんなときは同じ機材かどうかを確認しておきます。

同じ機材なら、1時間遅れても問題ないです。

クルーもにっこり「私たちも一緒なので大丈夫です」と微笑んでくれます。

・ステータス反映にかかる日数

ステータスに必要なFOPに達しても、JMBのサイトを見て、そわそわしてしまうものです。

6月25日にJMBクリスタルに必要な30,000ポイントを満たす搭乗が終わり、28日に「【マイル到達通知メール】JMBクリスタルのステイタスに達しました」メールが届き、JMBのサイト上は29日に反映されました。

サービスを受けるのに特にカードは必要ないですが、7月4日にJMBサファイアに必要な50,000ポイントに到達し、カードは7月14日に届きました。

まとめると、FOPへの反映は3日かかります。25日に搭乗したら28日になってはじめて実績に加算されます。ちなみにANAは翌日反映でした。

マイルの積算を確認したところ、反映されていなかった場合は、以下のページから事後登録ができます。日付、フライト、座席番号が必要。登録できるのは3日経ってからで、座席番号の一致が確認できれば即時反映されます。

JALマイレージバンク – 日本国内線フライトマイル事後登録

以下、記録予定(未定)

・JMBクリスタルになるメリット(平会員との違い)
・JMBサファイアになるメリット(クリスタルとの違い)
・JGCプレミアやダイヤモンドになるメリット(サファイアとの違い)
・ANAステータスとの比較

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加