ANAマイルの旅はジャカルタまで8時間のフライト。ビジネスクラスにして良かった

ローンチ(初就航)フライトということで、到着後消防車(?)からの放水でお出迎え

2011年1月、少し遅めのお正月休暇にバリ島を訪れました。バリまではジャカルタ(CGK)経由で向かい、成田(NRT)—ジャカルタ間はANAの特典航空券(ビジネスクラス)を使用しました。

なお、ジャカルタからバリまではガルーダ・インドネシア航空(GA)で行きましたが、別途手配のため割愛します。

ちなみに、この日はなんとANA(NH)による成田—ジャカルタの就航日!ということで図らずしもローンチフライトに搭乗することができました!午前中のフライトでしたが、出発地成田でも、また到着地ジャカルタでもテレビ中継やら職員さんたちのお見送りやら、お祭りの雰囲気がありました。ローンチ(初就航)フライトは初めてだったので、大変良い経験となりました。

今回利用したフライトです。

◇往復共に
東京(NRT)—ジャカルタ(CGK):ANA  <トランジット>
ジャカルタ(CGK)—デンパサール・バリ(DPS):ガルーダインドネシア航空

特典航空券は、東京—ジャカルタ間のみを手配しました。ガルーダ・インドネシア航空はスターアライアンスではないため、ANAマイレージでは手配できなかったからです。

ジャカルタまではローシーズンだったので60,000マイルを使用しました。

特典旅行券のマイル数は3つのシーズンに分かれています。

特典航空券は、ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンの3つに分かれており、それぞれ必要マイル数が異なります。ですので、ローシーズンであれば少ないマイル数でチケットを取ることができます。また、競争率も低くなるため空きも多くなります。

ただ、今回はローシーズンといえども天気にも恵まれ大変ラッキーでした。
*ANAの特典航空券でのジャカルタまでの必要マイル数は、現在では、ローシーズンで55,000マイル、レギュラーシーズンで60,000マイル、ハイシーズンで63,000マイルのようです。

ジャカルタまでは8時間。ビジネスクラスで良かった!

ジャカルタまでは約8時間(バリ島まではトランジットも含めさらにプラス3時間程度)と、以外と時間がかかります。そのため、ビジネスクラスでよかったとつくづく思いました。

8時間というと、フルコースを楽しみつつ、映画が1−2本見られるちょうどいい時間です。私はワインが好きなので、フライト中のワインタイムも楽しみの一つとなっています。

現地では、booking.comで探したプライベート・ヴィラに宿泊。物価が安いアジアは、ゴージャスなバケーションをお手軽に楽しむことが出来ます。

ビーチリゾートならではの美味しいシーフード

お部屋は、1ベッドルームにプライベートプール付きという贅沢な作り。朝食は毎日バトラー(部屋付きの執事)がフレッシュなものを運んでくださいました。

航空券代がかからない分、スパやゴルフ、スキューバダイビングとアクティブにバリ島旅行を楽しむことができました。

執筆
ルイ
マイルトラベラー。マイラー歴8年。特典航空券での旅行はアジアを中心に5回以上。マイルでのアップグレードも欧米路線を中心に多々使用。JAL/JGCプレミア、ANA/SFCゴールド、デルタゴールドメダリオン保有。 #lococorui

写真
1) analaunchflight.jpg :
2) theseiryu.jpg   :
3) baliterrace.jpg   :

lococorui

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加