JALのマイルをe JALポイントへ交換、アメリカン航空でシカゴへ。

Reflected Chicago
Reflected Chicago / romanboed

2011年の8月に、母がアメリカに留学をしていた私と会いにシカゴまで旅行に来てくれました。この時、成田空港(NRT)からアメリカのシカゴオヘア空港(ORD)までのAmerican航空(AA)の航空券を購入し利用しました。

この航空券を得るまでは少し複雑な作業が伴いました。それは、American航空と提携しているJALのマイルからJALポイントへ交換し、American航空の航空券を得るという方法でした。本来12万円ほどの航空券を10万円分のe JALポイントで支払い、残りの約2万円分をこちらが通常通り支払いました。

私は当時アメリカに留学しており、頻繁に日本とアメリカを行き来していたのでマイルが貯まりやすい状況にありました。さらに買い物でJALカードを使いマイルを貯めるようにもしていました。シカゴまでの旅行分のマイルを貯めるのには約3年かかりました。

私はアメリカと日本の行き来は、基本的にAmerican航空を使うようにしていました。JAL(JL)より値段が安く、またJALと提携しているからです。つまり、American航空のマイルをJALのマイルに移行することができるのです。American航空のマイルは日本国内の旅行の際にもJALのマイルとして使うことができるのです。

シカゴへ行くまでのマイルを貯めるのに3年がかかったと言うのは非常に長い年月に感じますが、実際にシカゴまでの格安でJALのチケットを買うと最低でも約12万円はかかっていたので、私たち親子もこのマイルでの旅行は非常にありがたく感じています。

飛行機自体も非常に快適で、テレビはもちろんついており、食事も申し分なかったようです。また、乗客は少なかったので、シカゴまで十数時間かかりますが寝るときは横になって寝ることができたようで、母もあまり長旅の疲れをあまり感じていなかったように感じました。

そのせいか、母は夕方前にシカゴに着きましたが、着いた当日も休むことなく夜までしっかりとシカゴ観光を楽しむことができました。シカゴが思ったよりも寒かったので、夏にもかかわらずジャケットを買いに行かなければならないというハプニングはありましたが、最終日までシカゴ観光を親子で楽しむことができました。

マイルでこのように世界中を旅することができるのは、非常にお得だと思います。しかも、マイルで支払うからといって飛行機でのサービスが下がる訳でもないので、助かっています。今後もどんどんマイルを貯めていこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加