ハワイ旅行では T-mobileのSIMカードを切り取ってiPhone4sに

多い時では2から3カ月に一度のペースでハワイへ旅行するわたしにとって、ハワイ滞在でもっとも欠かせないものはiPhoneです。開催されているイベントを調べるのにも、路線バスの時刻やルートを調べるのにも、日本にいるのと同じ感覚でiPhoneを使い調べます。

7年ほど前にハワイへ頻繁に旅行し始めた頃は日本ではiPhone3GsをハワイではT-mobileのプリペイドフォンをホノルルのコストコで購入し、旅行するたびに使う分だけコンビニでチャージして使っていました。

その後、スマホやタブレットが普及し始め、いろんなところでフリーWiFiが飛ぶようになったのですが、やはりハワイでも日本と同じ感覚でiPhoneを使いたいと、iPhone4sに使えるシムカードのアダプターをオンラインで1000円ほどで購入しました。

T-mobileのプリペイドフォンで使っていたシムカードは標準サイズでしたが、マイクロシムカードカッターをamazonで購入し、自分でマイクロサイズに切りとり、iPhone4sに入れて使いました。

最初はワイキキの携帯ショップで10ドル程度チャージして、普段は使った分だけ支払うpay as you goというプランを1日3ドルでインターネットも電話も使い放題のプランに変更してもらい使っていました。

その後、ハワイに滞在中にパソコンからT-mobileの自分専用のアカウントを作成し、日本にいてもパソコンからクレジットカードを使ってチャージしたり、プランを変更できるように設定しました。

いまは、ハワイに旅行する前に滞在中に使う分をクレジットカードを使いチャージして、出発日にpay as you goと使った分だけ課金されるプランから、1日3ドルで電話もメールもインターネットも使い放題のプランに変装します。

T-mobileはVerizonやAT&Tなどの他のキャリアに比べ、オアフ島でも田舎に行くと電波がつながりにくくなります。アラモアナショッピングセンターの地下駐車場でも一部で電波がつながりにくい感じがします。

ですが、やはりフリーWiFiのあるカフェや店舗を探してiPhoneを使うよりものすごく便利です。1日3ドルのプランは3Gなので、iPhone4sもLTEは使えませんから意味ないのですが、動画などを見る時は滞在先のWiFiを使うので、外出中の友達とのメッセージやLINEやちょっとした調べ物にはこれで十分と感じます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加