6時間近い飛行機遅延、カード付帯の保険で食事代の補償を受ける

6時間近い飛行機遅延

その日は朝から雨が降りしきり、空港に着いた後車から荷物を降ろすのに多少の神経を使いました。空港内を散策したい気持ちを抑えて、まずは荷物を預けよう。この大量の荷物を持って動き回るのだけは嫌だ。そう思い、搭乗手続きカウンターに向かいました。

2016年2月、その日は春節開けということもあり、かなりの行列。仕方がない、まだ時間はたっぷりあるのでとりあえずこの列に並ぼう。ポールで列を区切り、くねくね蛇行させ並ばせている中の最後列に立ち、順番をゆっくり待つことになりました。

10分、20分時間が経っても全く前に進まない。これはちょっとおかしい。はるか前のカウンターを見に行くも手続きをしている様子がない。カウンターでは前列の人たちの手続きは終わったようで、航空会社の人たちの動きが少しおかしいのは気づく。

搭乗手続き開始したばかりなのに、すぐに手続き停止ってどういうこと???

聞いてみると「手続きを一時停止しています。確認中です。」とのこと。列に戻るとしばらくしてやっとアナウンスが入り8:30にもう一度来ることになりました。その時はLCC利用だったので関西国際空港から、再び中国・青島に向かいう途中でした。

仕方がないので簡単な食事をしながら搭乗手続き開始を待つことに。

2時間後の8:30、飛行機が本当に飛ぶのか分からないまま。お腹もすいたので食事をすることにしよう。でも預けられなかったこの大きな荷物を引いて食事に行くのは本当に面倒。とりあえず、コーヒーを飲み、簡単な軽食を取ることにしました。後で考えるともっときちんと食べておけばよかったというのが後悔だったのですが。でも、なんだか落ち着かない状態で本格的なお店に入る気もせず、お腹に何かが入ればいいと思い急いで食べました。

chien2

言われていた8:30に荷物を持って再びカウンターに行き、無事チェックインをして荷物を預けました。その後順調に、出国審査を経て搭乗ゲートまで着きました。ところが、ここでまたもや待たされることに。いくら待っても、アナウンスも流れず、結局3時間もそこで待たされることになりました。

さんざんでしたが、食事代はカード付帯保険で補償されました。

飛行機が出発したのは日付の変わった次の日夜中の12:30。目的地の空港には3:30に着き、そこからタクシーに乗り帰ることになってしまいました。身体的にも精神的にも疲労がピークで大変でしたが、無事に着いたので何より。問題のある飛行機を飛ばして事故があるよりは良かったかもしれません。

次の日、加入していた三菱UFJニコスのMUFGカードの海外旅行保険会社のカスタマーサービスに電話をしたところ、六時間もの飛行機遅延の場合は、保険で食事代が出ることが分かりました。

合計1,500円ほどですが、このレシートと、航空会社でもらった遅延証明書を書類として保険会社に送り食事代が支給される予定です。まだ実際には振り込みはされていませんが、もっときちんと食事をしておけばよかったなぁという出来事でした。そして次回はLCCは使わないと決めました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加