ヘルシンキの石畳にスマホを落とし、保険で修理。


Cracked iPhone / magerleagues

2015年9月,フィンランド旅行中の出来事です。ヘルシンキでの観光中に自撮り棒を使って記念撮影を楽しんでいたら、手を滑らせて誤ってスマホを落としてしまい、スマホ画面のガラスを割ってしまいました。

9月のフィンランドは日本の初冬の気候で肌寒く手袋をつけていたので、余計に手が滑りやすい状況でした。また、フィンランドのほとんどの歩道は石畳です。私が落としてしまった場所もまさに石畳。スマホケースをつけていましたが、落ちたスマホのガラス画面はこっぱみじんに砕けてしまいました。

今まで日本でスマホを落としたことは何回かあったものの割れてしまうことはなかったですし、落として割れてしまった友人のスマホを見たことはありますが、割れ目が数か所入る程度のもの。今回割れてしまった私のスマホ画面はまさにこっぱみじん。修理せず我慢して使い続けられるような程度ではありませんでした。スマホを新しく買い換えたばかりだったこともあって、それまで楽しかった気分が一変。落ち込んで暗いムードに。

割れたスマホ、動作は問題なし

ホテルに戻り、フロントでセロハンテープを画面に貼って、割れた画面が手に刺さらないように応急処置をおこないました。画面は粉々に割れましたが、問題なく作動させることはできました。旅行に同行していた夫が携帯していた保険ガイドブックをチェックし、保証されることを確認して一安心。自己破損だったので保証を受けることは無理かも…と思っていたので、そのときは本当にほっとしました。

私が選んでいたのは、エイチ・アイ・エス損害保険のネット海外旅行保険「スマートネッとU」。価格が手ごろだけれど、物損や飛行機遅延などの対応が充実していたので、比較サイトで検討した上で選びました。

修理費は1万円、保険で全額保証。約1ヶ月で支払われました。

修理費は1万円。立替でおこないました。修理の領収書を保険会社に送付後、約1ヶ月で支払われました。海外旅行保険はカード付帯保険があるものの、必要経費として別途保険に入るようにしています。カード付帯保険は保険範囲が狭く、携帯品の破損保証はついてない場合が多いので、保険に入っておいてよかったです。

海外の旅先では、おすすめの観光スポットや地図を調べるだけでなく、わからない英単語を調べたり電車の時間を調べたりと、スマホは大活躍してくれます。日本にいるとき以上に、屋外で使うことがあるので、うっかり落としてしまうケースは多いだろうなと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加