バンコクでカード付帯保険の家族特約を使い2歳児のあせも治療

サミティヴェート・スクムウィット病院(SAMITEVEJ SUKHUMVIT)

2017年12月5日、タイ・バンコクへの旅行中の出来事です。この日はタイの父の日で祝日でした。

2歳9カ月の息子ぴょんきちのおしりにぶつぶつができ、おなかに湿疹も出たのでサミティヴェート・スクムウィット病院(SAMITEVEJ SUKHUMVIT)へ行きました。サミティヴェート・スクムウィット病院は日本語通訳がいるので、バンコクに住む多くの日本人が利用しています。今回はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの家族特約を使いました。

息子のおなかに湿疹?お尻にも

朝起きて息子がポリポリとおなかをかいていることに気が付きました。虫刺されかな?と思いきやおなかに湿疹ができていました。おむつをかえると、おしりの穴の付近にもぶつぶつが出来ています。

アメックスの保険窓口に電話をする

病院へ行く前に、アメックスの保険受付窓口に電話しました。

日本の出国日を確認され、「病院へはパスポートを持って行くように。医療費はいったん立て替えて領収書を貰ってしてください。タクシー代は領収書なしで請求できます。保険金は帰国後に請求してください」と、指示が出されました。

病院に到着すると、タイ人の病院スタッフが日本人専用受付窓口へ案内してくれます。
窓口には日本人が4組ほど並んでいます。

サミティヴェート・スクムウィット病院(SAMITEVEJ SUKHUMVIT)2階

受付の日本人男性から2階の小児科に行くよう言われます。エスカレーターで2階に行くとすぐの場所にあるとのこと。さっそく2階へ。

小児科の受付でパスポートを提出し、受診内容の確認を記入しました。記入用紙は日本語版が用意されています。記入後、「受付Aに行ってください」と言われ、受付Aへ。

待ち時間が長くても飽きないキッズスペース

サミティヴェート・スクムウィット病院(SAMITEVEJ SUKHUMVIT) 小児科キッズスペース

小児科の待合室は広く、子供がざっと30人はいたでしょうか。日本人が半分、その他タイ人や欧米人です。

サミティヴェート・スクムウィット病院(SAMITEVEJ SUKHUMVIT) 小児科キッズスペース

子供が遊ぶスペースが充実していて、子供たちが思い思いに遊んでいました。ぴょん吉もパタパタしだして急ぎおもちゃコーナーへ。おもちゃがあるのはありがたいのですが、取り合いにならないか?と、ハラハラしながら見守ります。

受付Aに書類を出し、体重と身長、血圧の測定をしました。その後また遊びに夢中のぴょん吉。待つこと50分ほどでしたが、遊びスペースとおもちゃのおかげで時間を持て余さずに診察を受けることができました。

料金は診察と薬代合わせて約5,900円、クレジットカードで支払える

診察結果は、「おなかはあせも、おしりはおなかの調子が良くない影響でブツブツが出たのだろう」とのことでした。薬を処方してもらい、診察は無事終わりました。

サミティヴェート・スクムウィット病院(SAMITEVEJ SUKHUMVIT) 領収書

料金は両方の診察と薬代を合わせて1718.85バーツ、日本円にすると約5,900円でした。クレジットカードも利用できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加