バンコクの”サミティヴェート病院 スクムビット”でキャッシュレス受診

バンコクのサミティヴェート病院 スクムビット

こんにちはララタイです。ララタイは日本とタイを行き来しています。

2016年5月6日にエアーアジアを利用してタイ首都バンコクを訪れました。今回の滞在予定は未定でしばらくタイにとどまるつもりです。

ララタイはユナイテッド航空(UA)のマイレージを貯めていて、ユナイテッド航空マイレージプラスのセゾン発行のクレジットカードを持っています。このクレジットカードは年間費がかかりますが、海外旅行保険のサービスが重宝しています。

クレジットカードの海外旅行保険は設定額が少ないのでは?とといった不安を持っている人もいるかもしれませんが、自分で実際何度か利用してみて、タイでは全く問題はありませんでした。日本語通訳の付きの5つ星レベルの病院で受診した経験からです。

タイで2度目の保険利用、咳が止まらなくなりサミティベート病院へ

タイに到着してからクーラーが強い影響か風邪を患い、夜咳きが止まらなくなりました。

以前ベトナム旅行で百日咳をうつされたので、また百日咳では!?と心配になり、宿泊先から近いバンコクのサミティベート病院(サミティヴェート病院スクムビット)を利用しました。この病院がある場所は日本人街と言われているトンローという地区にある病院で、ララタイが行った時も日本人をちらほら見かけました。

病院に行く前に保険会社の日本人デスクへ電話をしました。

病院利用前に、携帯電話からセゾンの提携先の海外保険会社である損保ジャパンの海外担当デスクに電話をしました。

前回はどこに電話していいかわからず、まず日本のセゾンに問い合わせ、その後、損保ジャパンの海外担当デスクに電話したのですが、この時に1時間位かかったため、あらかじめ担当デスクの電話番号を自分の携帯電話に登録しておきました。

対応デスクに電話すると
「いつから症状が出ていますか?」
と聞かれました。タイに来てからであること、そして咳きが止まらないことを説明すると、
「受診の対象になります」とのことでした。
日本にいた時から症状が出ていると受診の対象にならないのです。

咳がタイに来てからなので保険の対象になるとわかり病院へ向かいました

パスポートとクレジットカードを持って病院へ行きました。私の場合、海外旅行保険の証券が手元になくクレジットカード番号での証券番号を確認されました。

サミティヴェート病院 スクムビット 日本人相談窓口

病院では日本人利用の多さを物語るように日本人専用のデスクが用意されており、日本人とタイ人スタッフが日本語でやりとりしていました。

日本語の話せるスタッフが担当してくれました

私の受付と通訳を担当してくれたスタッフはタイ人で日本語を話せるスタッフだったのですが、流暢な日本語でした。

診察を受けると、風邪がこじれた状態とのことで抗生物質が処方されました。
「注射をしてもらえないか?」
と聞いたのですが、特にしなくて大丈夫と言われました。

こうして診察は終わり薬をもらいました。処方された薬の説明は英語で書かれています。わからないところは通訳スタッフに確認をおすすめします。

キャッシュレス対応で手続きも楽でした

会計コーナーに進みました。費用はトータルで3743,33バーツでした。日本円にして約1万円前後が保険から支払われます。

サミティヴェート病院 スクムビット 待合

会計はキャッシュレス対応でした。デスクの話では提携病院での受診はキャッシュレスで診察してくれるとのことでした。キャッシュレス対応は書類を書くなどの手間がかからず大変楽です。

タクシー代は帰国後に申請すれば戻ってくる。領収書がなくても大丈夫

タクシー代も補償対象でした。帰国後日本のデスクに問い合わせれば、タクシー代の記載書類を送ってくれるそうです。タイのタクシーは領収書が出ないので自己申告でいいそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加