長年かかって貯めたスカイマイルでインドネシアへ、大満足の旅でした

ガルーダ・インドネシア航空ボーイング777-300機内で配られたロクシタンのアメニティ

2014年11月、マレーシア住み始めた友人に、早く遊びに来い!と催促されました。

早速色々調べてみたところ、JCB一般カードで長年貯めていたスカイマイルが使えそうでした。これはマイルの使い時かも!特典航空券を使ってマレーシアへ行こう!と決めました。

ガルーダ・インドネシア航空の特典航空券を電話予約

ガルーダ・インドネシア航空(GA)を予約したかったのですが、当時スカイマイルの特典航空券は、WEBから予約できる航空会社が限られていました。ガルーダ・インドネシア航空は電話予約が必要でした。

1回目の電話では希望の日程でビジネスクラスが予約できず

全行程ビジネスクラスのつもりでいたのですが、一部エコノミークラスになってしまうということでした。

2回目の電話で予約が取れる

スカイマイルは、キャンセル待ちができません。そこで1週間後の平日13時過ぎに2度目の電話をかけてみたところ、すぐつながり、希望日程で予約ができました。予約できたのは、出発希望日の約半月程前、12月15日でした。

使ったのは羽田→インドネシア往復で7万マイル

使ったマイルは7万マイルです。ノースウエスト時代から貯めていたマイルだったのですが、以前だったら、4万マイル位で行けたたのでしょうね(涙)スカイマイルのいいところは、燃油サーチャージの徴収がないところです。改悪され続けてきましたが、それだけが救いです。

2015年1月、深夜便利用でマレーシアへ

オンラインチェックインはガルーダのサイトで行います。座席指定は予約の時点ではできないため、早めにオンラインチェックインするしかありません。今回は羽田(HND)の深夜便利用でした。

出発前は「TIATラウンジアネックス」でくつろぐ

出発前に、各航空会社共通ラウンジ 「TIATラウンジアネックス」を利用しました。羽田のラウンジを使うのは初めてです。

「TIATラウンジアネックス」

22時過ぎのせいか、空いていたのでのんびりできました。

「TIATラウンジアネックス」ドリンクバー

軽食は和洋一通り揃っていて、常時補充されているようでした。

「TIATラウンジアネックス」ビュッフェ

シャワーを使用しました。広くて使いやすかったです。アメニティが揃っているので、女性ならば基礎化粧品だけ持って行けばいいでしょう。

搭乗したボーイング777-300の様子

羽田発のガルーダは、ボーイング777-300でした。

ボーイング777-300シート1

スタッガードスタイルで、1-2-1の配列です。個室っぽくて一人旅には気楽でいいのですが、家族やカップルでは使いづらいかもしれません。

ボーイング777-300シート2

各席にはしっかりした羽根布団が用意されています。アメニティはロクシタン。これは羽田―ジャカルタ線でいただきましたが、ジャカルタ―クアラルンプール線では配られなかったので、中~長距離以上の便でないと、いただけないようです。

ガルーダ・インドネシア航空の機内食

食事は夜食と朝食が出ます。

ガルーダ・インドネシア航空 機内食 夜食の天ぷらうどん

夜は気になっていた天ぷらうどん、うどんはちょっと柔らか目でしたが、昆布出汁のおつゆが美味しかったです。

ガルーダ・インドネシア航空 朝食 オムレツ

朝はオムレツをいただだきました。

ガルーダ・インドネシア航空 機内食 カプチーノ

びっくりしたのは、機内でカプチーノをいただけたこと。マグカップで出してくれるので、量が多くて嬉しかったです。

ジャカルタ→クアラルンプール線は、2時間半ほどのフライトでしたが、朝食があり、こちらも美味しくいただきました。

ガルーダ・インドネシア航空はまた利用したくなる航空会社

ガルーダのCAさん達は美人揃いで、優しい雰囲気の人が多かったです。また利用したいな。塩漬けスカイマイルを有効に使えた旅行でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加