ハワイへ行くなら迷わずJCBカードを持っていこう!


Sunset @ Waikiki Beach / Prayitno / Thank you for (5 millions +) views
photo by Prayitno / Thank you for (5 millions +) views

2年に1度、我が家では必ずハワイ旅行にいきます。私は学生のころからハワイが大好きでリピーターになっていますが、旅行会社のパッケージツアーではなく、航空券やホテルを自分で予約していきます。

ハワイの魅力は誰でも楽しめることころにあると思います。DFS(デューティーフリー)やアラモアナショッピングセンター、ワイケレアウトレットなど買い物をするにも最適、さらに海あり山あり大自然に囲まれているのでアウトドアやサーフィン好きにもたまらない国なのです。

そんなハワイ旅行でJCBカードが大活躍します。Visaカード、Masterカードと様々なブランドがありますが、JCBカードでなくてはいけない理由があるのです。

JCBカードを選ぶ理由 その1「移動手段」トロリーバスが無料に

JCBカードでなくてはいけない理由。それはハワイ滞在中の「移動手段」にあります。ハワイには電車がありません(地下鉄もありません)。そのため、移動が、バス、トロリー、タクシーとなるのですが、それぞれ特徴があります。

ハワイにはハワイ時間という南国リゾート時間があり、基本的に時間通りにバスは来ません。ノースショアなど、ワイキキから離れた路線では、ひどいときは30分以上遅れてきます(運転手さんも全く悪びれる様子もないです)。ですから、貴重な旅行のスケジュールにズレが生じるという意味であまりお勧めできません。

タクシーは、ご存じのとおり日本同様高額ですよね。さらに、アメリカですから10%程度のチップを支払わなければいけません(TAXとチップで15%くらいになりますからハワイの旅行で出費がかさむ原因のひとつですね)

そこでオススメなのがトロリーです。日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、ハワイではメインの移動手段になります。バスと形は似ているのですが、窓はなく開放的で、外の景色を見ながら、風を感じながら移動できるリゾートならではの乗り物です。

このトロリーは日本の旅行会社各社(HISやJTB等)各社が力を入れており、「レアレアトロリー」や「オリオリトロリー」などの名前で現地を走っています。旅行会社のパッケージツアーでいくと、だいたい+何ドルかで各社のトロリー乗り放題チケットがもらえるのですが、実はココがミソとなります。JCBカードの会員は、JCBカードを提示するだけで、トロリーを無料で利用することができるのです。

ハワイは英語がしゃべれなくても、その場のノリやジェスチャーでしのげてしまう国なので、リピーターほど、航空券やホテルを個別に予約してハワイ旅行を楽しむようになります。初めての方も、リピーターも必ず行くといっても過言でないスポットが、ワイキキの中心街にあるDFS(デューティーフリー)とアラモアナショッピングセンターだと思います。

そのほか、歩くには遠いな・・・というホノルルズー(動物園)や水族館(ほとんど熱帯魚屋さんですが・・・)、ワイキキ中心部から少し離れたレストランなどもトロリーで移動することになります。

旅行会社のツアーでハワイに行った方は、追加料金でトロリー乗り放題のチケットを持っていますが、実はその旅行会社のトロリーにしか乗ることができません。JCBカードを持っていくことで、現地会社のトロリーにも乗ることができるので、待ち時間なく移動をスムーズに行えます。ツアーは特に、説明会などの拘束時間が長いので、移動時間は少なくしたいですよね)

さて、問題は航空券のみでハワイに行った人です。トロリー乗り放題チケットがいくらかというと・・・1日38ドル、4日で59ドルです。今は円安ですから日本円にすると1日約4,500円です(こう見ると超高額ですよね)。しかし、JCBカードをハワイ旅行のおともとして持っていくだけでこれが無料になるんです。

JCBカードを提示するだけで、1日4,500円が無料になるなんて、夢のような話ですよね?現在、VisaやMasterカードをお持ちで近くハワイに出かけようという方は、これだけのために今からJCBカードを作ってもいいかもしれません。ハワイでJCBカードは、ドリームチケットですから。

JCBカード見せるだけでハワイ「ワイキキ・トロリー」に無料で乗れる!

JCBカードを選ぶ理由 その2「カードでのお買い物」

ハワイといえば買い物です。特にブランド好きにはたまらない国です。現在、1ドル118円と円安であまり旨味はないとはいえ、アメリカ・ヨーロッパのブランド品は安いです。

DFS(デューティーフリー)では、お土産、化粧品などお手軽なものから、ルイ・ヴィトン、グッチ、オメガ、カルティエなど高級ブランド品がのきなみそろっています。これらのお店は、ワイキキ市内の路面店やアラモアナショッピングセンターにも存在し、行った店に在庫がなくても、他の店にいけば在庫があるケースがよくあります。(逆に、初日でもお目当てのものは見つけたらすぐに購入しないと、最終日に行ったらなくなっていたなんてケースはよくあります)

さらに、ワイケレアウトレットまでいくと、コーチやドルガバなどは目玉が飛び出るような金額で売られています。

海外旅行にいくと、ついつい気持ちが大きくなって、高額の買い物をしてしまいますよね?そこでクレジットカードのポイントに注目です。ジャックスカード系のREXカードをはじめ、高還元率のカードでJCBブランドが存在しないということはまずありえません。

大量の買い物をすべてクレジットカードで行うことで、ポイントやマイルで還元されます。うちは嫁がブランド好きなので、航空券と買い物のマイルで国内旅行に行けるくらいたまります。

JCBカードを選ぶ理由 その3「海外保険付帯機能」

これは当たり前のように思われますが、使ったことがある人には非常に大切さがわかります。私が大学生の頃、友人が買い物をしたブランド品やら財布やらを盗難されたことがあるのですが、この機能のおかげですべて戻ってきました。現地で警察に事情聴取されたり、帰ってきてからも手続きはかなり大変だったようですが・・・

JCBカードを選ぶ理由 まとめ

「ハワイでトロリー乗り放題」「ショッピングでポイント還元」「海外旅行保険の付帯」以上の3点から、JCBカードはハワイ旅行の必需品と言えます。高還元率のJCBブランドのカードを1枚作っていくだけで、ハワイを2倍お得に満喫できること間違いなしです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加