成田空港「IASS Executive ラウンジ」は居心地がよくて寝てしまいそう

関東地方に国際空港は2つ(羽田空港(HND)と成田国際空港(NRT))あります。ツアーに申し込むと、
「フライト2時間前には空港についていてください」
と指示があることが多いですよね。空港に早く着きすぎた時に便利なのが空港ラウンジです。

ラウンジではこんなことができます。

  • ソファに座って携帯電話を充電しながら待てる
  • ソフトドリンクが飲める
  • テレビや雑誌、新聞が読める
  • 有料で食事メニューやアルコール、マッサージチェアなども利用できる

エポスゴールドカードで「IASS Executive ラウンジ」へ

私はエポスゴールドカードを持っています。エポスゴールドカードの年会費は一定の条件を満たせば無料です。通常は年間50万円以上の使用で年会費が無料となるようです。赤い色の一般カード利用者でしたが、半年後くらいにゴールドカードのインビテーションが届き、年会費も永年無料ということだったので切替えました。

昨年、成田空港からハワイへ旅行をしました。出発前に「IASS Executive ラウンジ」を利用しました。「IASS Executive ラウンジ」は、第二ターミナルの4階、出国手続き前のエリアにあります。第二ターミナルにはカードで入れるラウンジが2つあるので、間違わないように注意を。

追加料金1,000円を払えば友人も一緒に入れます

ラウンジに入ると、受付でクレジットカードを提示しました。
カード提示のあとは施設利用方法の説明があり、中に入ります。混雑時や時間によっては混み合っていて座れない時もありますが、今回は座れました。

ゆったりした1人がけのソファに座り、近くにあった電源プラグで携帯を充電しながら友人を待ちました。飲み物はコップが用意してあり、ファミレスのドリンクバーのような飲み放題でした。アルコールもビールかウィスキーが1杯無料になるようです。トイレが近くなってしまうので、ソフトドリンクで我慢。軽食は柿ピーがあるのですが、この日は空になっていました。

クレジットカードをもっていなくても1時間あたりの追加料金1,000円を払えば友人も一緒に入れます。 空港内の店は値段が高めなので、無料ラウンジはありがたいです。

居心地が良いので、うっかり寝てしまわないように気を付けて!

居心地がいいので、うっかりすると寝てしまいフライトに間に合わない可能性もあります。私はフライトの1時間くらい前にラウンジを出て、無事にハワイに旅立ちました。是非、海外旅行に行く時は空港ラウンジを使ってみてください。
photo by Peter Kaminski

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加