留学先で月に2回も海外旅行保険のお世話になる

a1

2013年6月30日から2014年6月22日、オーストラリアのブリスベンにワーキングホリデービザで滞在していました。その時加入していた海外保険会社がAIU保険のプランの中の一つ「ワーホリ歯科治療費用なしプランの保険iオリジナルプランR43」です。

aiu1

エージェント会社の方からの推めで一番安かったこちらのプランを選びました。

2014年4月20日頃でした。染髪剤をよく使用していた私は、いつもの様に頭に液を塗りカバーをし染まるまでの間部屋で待機していました。その後シャワーを浴び部屋に戻って来たときに気がついたのですが、カーペットに黒いシミのようなものが4箇所ほど。

すぐに頭から垂れ落ちた染髪剤だと気が付き、水で落とそうとしましたが全く取れませんでした。他にも色々な方法を試しましたが悪化するばかり。すぐに大家さんにこの事を伝え、AIU保険会社お問い合わせ窓口に電話をしカーペットの状況や破損原因などを説明しました。破損状況の確認が必要であったため破損したカーペットの写真を添付し送り、その後AIU損害保険担当の方とのメールでのやり取りが始まりいくつかの 質問をされました。

まず破損したカーペットの購入時期と元々の購入価格。また、新しく購入するカーペットの取替や張替えなどを含む最終価格、支払いは現金払いかカード払いか、立て替え料金の支払い送金口座名と口座番号(本人名義)です。私が加入していたプランは、損害物の元値と購入時期により補償額%が決まるという事でした。

破損したカーペットの購入時期が2002年で5年以上前だったので、カーペットの元値の50%のみが補償額範囲内との事でした。その後破損したカーペットの元値を調べたところ、おおよその価格が1100ドルという事が判明。ですので550ドルまでが保険保証範囲内でした。

私自身がインターネットや店などでカーペットを探し見つけたのが ”カーペットの料金や張替えをすべて含み500ドル” という業者でした。大家さんの了解も得たので直ぐに業者と連絡をし予約をした後、業者にカード払いで500ドルを支払いました。

その後保険会社の方に連絡をし補償額を再度確認してもらい、550ドルが補償範囲内でしたので今回のカーペットで支払った金額は全て補償となりました。

c1

早速カーペットの張替えをするため全ての家具を移動していた時、新たな問題が発生。私が使用していたタンスの上部分に水跡の様なものができていました。すぐさま業者の方に来てもらい確認してもらったのですが、水もれが原因だとの事でまた修理が不可能と判断され、新しいタンスを購入する事になりました。カーペットの問題が重なり焦りました。

カーペット損害保証用に次の書類を準備しました。
①海外旅行保険 保険金額請求、書兼同意書に記入した用紙
②カーペット業者からの領収書
③大家からの同意書など実筆で記入された用紙
④私のパスポートから、出入国印欄と署名欄のコピーの4点とお礼状。

これを日本へ送り、6月4日頃に無事私が指定した本人名義のオーストラリアの口座(ANZ)に500ドルが入金されました。その後、新しいタンスを購入する際に領収書が発行されないと大家さんから言われタンスへの保証が不可能となり6月19日、新しいタンスの購入額30%を大家さん、70%を私が支払うということで解決せざるを得ませんでした。

グラフィックス1

迅速な対応と丁寧な対応でAIU損害保険担当の方にはとても感謝しています。いつどんなことが起こるか分からないので一番安いプランでもいいので加入することをお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加