EXCELでSFC修行計画。基本は中部⇔那覇!

ANAの上級会員を目指して飛行機で飛びまくる修行のため、綿密な計画を立てました。エクセルを駆使しながらもっともよいルート探しが始まります。

もっとも効率のよい路線を割り出す

修行をするのにあたり、一番大切なものが「ポイント単価」です。これは、上級会員になるのに必要な1ポイントを得るのにいくらかかるのかを表すものです。この数字が小さいほど安い価格で修行を完了できます。

私の場合、居住地が東海地方のため起点と終点は、中部国際空港(NGO)です。この中部国際空港には数多くのANA路線が就航をしています。その路線すべての価格と得ることができるポイントをエクセルに打ち込み計算をします。

たとえば中部−沖縄路線だと「プレミアム旅割28」で価格が約27,000円に対し、得られるポイントが約2,500ポイントです。これを単価にすると1ポイントが約10.8円、一方で中部–新千歳路線になると同じ航空券で価格が約26,000円に対して、得られるポイントが約2,000ポイントなので「ポイント単価」は、13円です。この結果から修行に向いている路線は、中部−那覇路線ですが、こればっかり利用をしていると苦痛ですし、他にも単価のよい路線があるかもしれません。

ルールに当てはめてめぼしい路線を洗い出す

先に述べた「ポイント単価」をすべて計算していくのは大変です。そこでルールを適用します。国内線でできるだけ回数を飛ぶ人はこのポイント単価のいい路線ばかり探していけばよいですが、私の場合、効率性を重視したいので、プレミアムクラスを中心に探します。とくにプレミアム旅割28とプレミアム株主優待が中心です。この2つに絞り込んで、中部国際空港発だけでなく、那覇 福岡 関西 伊丹 羽田 成田 新千歳発の路線をエクセルのファイルにデータを打ち込んで計算しました。すると那覇発羽田行きのポイント単価が約8.5円、関西行きで約7.8円と単価の低い路線を見つけました。国内の路線を利用して修行する場合、一般に単価が8円台であればかなり優秀な路線です。こうした路線を次はスケジュールに合わせて組み込んでいきます。

スケジュールを組み合わせるパズルが始まる

SFC修行者にとって、一番楽しく、難しいのがこの組み合わせです。自分の予定と照らし合わせながら、空いている路線を探し、できるだけ効率のよい路線組み合わせを探していく作業です。無限の組み合わせがあり、インターネットの旅行サイトでは簡単に探せないのでパソコンのホームページとにらめっこをしながら作ります。

那覇に行くことが基本に決まる

中部国際空港を起点として計算した結果、ポイント単価のよい行き先は、順に那覇 新千歳 鹿児島 福岡になりました。そこで中部国際空港から那覇に基本的に飛ぶことが決まります。

次に那覇から戻るのですが、そのまますぐに乗り継げる便にはプレミアムクラスが設定されていませんし、また中部に戻っても次に那覇に向かう便がありません。

そこで那覇–羽田路線を組み込みます。那覇羽田路線はポイント単価が約8.5円とかなりよいです。さらに那覇での中部からの便に対して1時間の乗り継ぎで羽田行き。もう1つ羽田に到着後、さらに1時間後の那覇行きの便でもう1度沖縄に戻れます。那覇に1泊をして翌日、同じように「那覇⇒羽田⇒那覇⇒中部」この路線を組み込みます。

これで計算上は、獲得ポイントが16,284ポイント、総費用が152,480円、

ポイント単価9.36円の予定が完成です。このプランをあと2回やって、短い距離を1往復すれば修行は完了です。よって合計7日間、総費用は50万円ちょっとを目標にして、来年1月からスーパーフライヤーズ会員(SFC会員)になる権利を得られます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加