インドでの初めてのSIMカード購入はとっても簡単でした。

インドで初めてのSIMカード購入はとっても簡単でした。

2016年2月、コルカタ~ダージリン方面を約1週間旅行しました。その際に、インドでの通信手段確保のため地元会社のSIMカード購入利用した内容です。

インドではBSNLやOasisなど日本より多くの会社が携帯事業に参入していました。なかでもAirtelかVodafoneが大手らしくこの2社ならインド国内全てを網羅しているようです。

ホテルの目の前の店でAirtelのSIMカードを買うつもりが、なぜかVodafoneを購入

宿泊したホテルジョージアン イン (Georgian Inn)の目の前にあったAirtel4Gの看板を掲げた小さなお店に入り、
「SIMカードだけ欲しい」
と言うと、
「どのプランがいいか?インターネットは必要か?」
と聞いてきます。
「1週間、通話は必要ない、ネットだけ」
と言うとすぐ準備し始め、パスポートとスマホ本体を渡すと、なぜかAirtelではなくVodafoneでしたが、10分ほどでアクティベーションしてくれました。

インドでVodafoneのSIMカード

必要なものはパスポート、SIMフリースマホ、代金だけでした。写真が必要という記事も見かけたのですが求められず。空港などのメジャーなショップでは必要だったのかもしれません。

契約したのは料金表にあった4Gが使えて1GBプランで250Rs(約400円、1Rs=約1.6円)、通話はナシですが店では450Rs(約720円)払いました。200Rsは手数料?(WEBサイトだと297Rsになっていますが違うプランなのでしょうか?。)
 
日本語のスマホで大丈夫かなとも思ってはいましたが、返してもらった後で見るとSIMとモバイルデータの選択が正しくなくて何を設定していたのか不明です(笑)。英語に変換して渡した方がよかったのかな?設定は機種によって違いますし日本人でも難しいことですからこれは仕方ないです。

肝心の使い心地ですが、コルカタ市内は無論、ダージリンやブータン国境付近では3Gにはなりますが余裕で使えましたし、速度も感度がよければ4Gで3Mぐらいは出るので満足いくものでした。

IMG_1743

恥ずかしながら自身も初のSIMカード購入だったので少し緊張しましたが非常に簡単なものでした。今までは日本の携帯会社のサービスを利用したり、宿泊先でのWifiまで我慢といった感じだったので今後はもっと進んで利用しようと思いますし、渡航先でのSIMカード購入をオススメしたいと思います。

帰国後、日本キャリア携帯を海外で使うとしたらということで調べてみました。

ドコモで24時間980円(30MBまで)、無制限は1日2980円、ソフトバンクのアメリカ以外では1日1980円(25MBまで)無制限なら1日2980円、auも1日1980円(24.4MBまで)、無制限なら1日2480円と、現地SIMを購入するより非常に高額ですね。

滞在日数にもよりますが、これからはなるべく現地SIMを使いたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加